ふるさと納税ワンストップ特例制度について

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」について   

 

平成2741日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
この制度は、確定申告を行わない給与所得のみの方などが「ふるさと納税」を行う際、個人住民税が課税されている市区町村に対する寄附金控除の申請を、寄附先の市区町村などが寄附者に代わって行うことを申請できる制度です。
この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方のみとなります。

 

1.1.給与所得のみの方などで、確定申告又は市・県民税の申告を行う必要がない方(※) 
2.
 平成27年中に行う「ふるさと納税」の寄附先が5団体以下の方
(平成27年に限り41日以降の寄附が対象)

 ※給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。

 ※平成2711日から331日に「ふるさと納税」をされた方は、確定申告が必要となるため対象外となります。

 ※確定申告又は市・県民税の申告が行われた場合は、ワンストップ特例申請の申請はなかったものとみなされます。その場合は、「ふるさと納税」に伴う寄付金控除も含めた内容により確定申告又は市・県民税の申告手続きを行ってください。

平成28年1月1日以降、ワンストップ特例の制度を利用される場合、申請用紙に個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。また、平成28年のマイナンバー導入に伴い、なりすまし防止のために「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーと申請書と一緒に郵送することが必要となりました。 

 

制度の申請手続きについて

・申請方法

上記の2つの要件に該当し、制度の利用を希望される方は、寄附申込書提出時に本ページふるさと納税ワンストップ特例制度申請書を一緒に提出してください。

押印が必要となるため、直接、川崎町役場にお持ちになるか、郵送での提出をお願いいたします。

申請書提出先
827-8501
福岡県田川郡川崎町大字田原789-2
川崎町役場企画情報課

 

・申請した内容に変更が生じた場合

申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、申請をした翌年の110日までに本ページ下部にある変更届出書を提出してください。また、申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は、申請が無かったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

・申請の完了について                                                               

申請書(変更届出書)の提出とふるさと納税の入金を確認した後、川崎町より受付書を郵送でお届けします。
受付書は制度申請完了の証明となりますので、大切に保管してください。

 

関連ファイル ダウンロード

 ・ふるさと納税ワンストップ特例制度申請書 PDF形式/1273KB

 

 ・変更届出書 PDF形式/273KB

 

このページに関するお問い合わせは企画情報課 企画係です。

 

本庁舎3F 〒827-8501 福岡県田川郡川崎町大字田原789-2

 

TEL 0947-72-3000

 

FAX 0947-72-6453

 

MAILkikaku-zaisei@town.fukuoka-kawasaki.lg.jp

 

 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の仕組みについては、

こちら(総務省ふるさと納税ポータルサイト)ご覧になれます。

 
サイト内検索

【企業PR】