文字サイズ変更標準拡大

くらし

トップ > くらし > マイナンバー(個人番号)通知カードが廃止になります

マイナンバー(個人番号)

マイナンバー(個人番号)通知カードが廃止になります

 法律の改正により、マイナンバー通知カードは令和2年5月25日に廃止されます。
廃止後は、通知カードの再交付申請及び住所・氏名等券面変更等の手続きができなくなります。

 なお、廃止後も、お持ちの通知カードに最新の住所・氏名等が記載されていれば、引き続き当面の間、マイナンバーを証明する書類としてご利用いただけます。

 

 引っ越しや結婚などで住所・氏名等に変更があった方で、まだ通知カードの記載事項を変更していない方や、通知カードの再交付が必要な方は、令和2年5月22日(金)までに手続きを行なってください。

 

●廃止後の通知カードの取扱い

通知カード廃止以降は、記載事項の変更は一切できません
 
通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している必要があります。

一致していないとマイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。

・変更が必要な場合は、令和2年5月22日(金)までに役場住民課で通知カード記載事項変更の手続きをしてください。

 

●通知カードの再交付申請

 

通知カード廃止以降は再交付申請ができません

 

再交付が必要な場合は、令和2年5月22日(金)までに、役場住民課で通知カード再交付申請のお手続きをしてください。なお、再交付申請には手数料500円がかかります。

 

通知カード廃止以降のマイナンバーを証明する書類

1、マイナンバーカード(申請から取得するまでに1ヶ月から1ヶ月半かかります)
2、マイナンバーが記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」
3、通知カード(氏名、住所等が最新になっているもの)

 

通知カード廃止以降のマイナンバーの通知方法
・通知カード廃止後、出生等で初めてマイナンバーが付番された方には、マイナンバーが記載された「個人番号通知書」が送付されます。
(注)通知カード廃止後、初めてマイナンバーが付番された方に送付される「個人番号通知書」は、マイナンバーを証明する書類としては使用できません。

このページについてのお問い合わせ

川崎町役場 住民課 住民年金係

電話番号:0947-72-3000 (内線 118,119)

お問い合わせフォーム
川崎町の人口

2020年6月末日現在

人口 16,282
世帯数 8,741世帯
男性 7,619
女性 8,663

広告掲載について

  • 広告欄 
  • 広告欄 
  • 広告欄