文字サイズ変更標準拡大

新着情報

トップ > 新着情報 > 観光・イベント・文化 > 【De・愛広場オープニングイベントを開催しました】

観光・イベント・文化

【De・愛広場オープニングイベントを開催しました】

2022.05.12

 5月1日(日)、「De・愛広場」のオープンを記念した「De・愛広場オープニングイベント」を開催しました。
 また、現在町が推進しているれんげを見て、食べて、楽しむ「れんげまつり」と「第9回竹とり物語」も同時開催され、多くの人で賑わうイベントとなりました。

 

 

\De・愛広場オープニングイベント/
 式典には、川崎町ふるさと応援大使山際千津枝先生も出席し、式典後の餅まきにも参加しました。

▲餅まきで多くの人に餅を投げる山際先生

 

 今回の目玉企画「大声大会」では、総勢30名が参加し、橋の上から想いを叫びました。

 なかには、「髪がうすいので、アデランスがほしい」や「高級な焼き肉が食べたい」など、ユーモアあふれるセリフが飛び出し、周囲は笑いで溢れました。
 見事第1位に輝いたのは「川崎のお米は美味しかったぞー!」と叫んだ高市凌さんで、審査員3名からは満点の札があがりました。

▲前列(左)優勝者 高市凌さん (中)準優勝 吉門智美さん (右)第3位 寺田逸勢さん

 

 

▲変面ショーでは多くの観客が集まりました

 

▲青空の下、気持ちよさそうにヨガを楽しんでいる参加者

 

 イベントの最後には、農産物直売所で買い物をした人を対象に大抽選会が開かれ、ステージの前には、当選を願う来場者が集まりました。

 

 

\れんげまつり/

 テレビでお馴染み山際先生による旬の食材を使ったレシピの紹介やはちみつ絞り体験、アップルクーヘン・バターの試食販売、れんげ米のつかみ取りなどが行なわれました。

▲レシピの紹介をするふるさと応援大使山際先生

 

▲蜂の巣を食い入るように見る来場者

 

▲アップルクーヘン購入者限定「れんげ米の掴み取り」

 

 

 今回の目玉企画2つ目「れんげ米の大食い大会」では、総勢15名が挑戦し、3分間でいくつおにぎりを食べられるか競いました。

 挑戦者たちの勢いある食いっぷりに、会場では声援が響き渡りました。優勝者は、3分間で14個のおにぎりを間食した神出一城さんでした。

▲余裕の表情で次々におにぎりを平らげる神出一城さん

 

 また、事前にれんげ畑をめぐり、フォトラリーに参加した人を対象に「お楽しみ抽選会」が開催され、約150人が参加しました。

 

 

\竹とり物語/
 今回で第9回目となる「竹とり物語」では、竹製品・木工製品の展示や竹馬づくりなど、毎度おなじみのイベントが開催され、来場した多くの人が楽しんでいました。

▲展示された竹製品で遊ぶ子どもたち

 

 さらに、今回初めての企画「竹毬でDe・愛の橋をライトアップ 橋に灯る竹あかり」では、4月28日から5月8日までの10日間にわたり、De・愛橋が竹あかりの優しい光に包まれました。

▲大好評だった竹毬による優しいあかり
川崎町の人口

2022年11月末日現在

人口 15,644
世帯数 8,597世帯
男性 7,365
女性 8,279