文字サイズ変更標準拡大

税金・財政

トップ > 税金・財政 > 国民健康保険税

税金

国民健康保険税

◯国民健康保険のしくみ

国民健康保険(国保)は、職場の健康保険や共済組合、後期高齢医療制度の対象となる人、生活保護を受けているなど以外の人が加入しなければならない医療保険制度です。

病気やケガをしたとき、病院にかかれるように加入者(被保険者)がお金(保険税)を出し合って、医療費を補助する制度です。

※国民健康保険の加入手続きや給付などの説明は「国民健康保険の加入と喪失」「国民健康保険の給付」をご覧ください。

 

◯国民健康保険税

国民健康保険税(国保税)は、みなさんの医療費にあてられる国保の大切な財源です。必ず納期限内に収めましょう。

国保税は加入世帯の世帯主が納めることになっています。

国保税の決め方は次のようになっています。

①所得割(前年中の所得をもとに算出)

②均等割(加入者の人数で算出)

③平等割(加入世帯あたりの定額)

この①~③を合算した額が課税されます。

なお、国民健康保険加入者で40歳~64歳の人のいる世帯については介護保険分を含んだ額が課税されます。

 

◯納付方法

納付方法は、大きく分けて次の二つの方法があります。

「普通徴収」・・・口座振替や納付書を使って自ら納める方法

「特別徴収」・・・65歳以上75歳未満の人は原則として、年金から差し引かれて納める方法

※年金が年額18万円未満の人や国保税と介護保険料を合わせた額が年金額の1/2を超える場合は、年金から差し引かれず口座振替や納付書で納める必要があります。

 

【国保税の納付は】

便利な口座振替をご利用ください!

国保税の納め忘れがないように、簡単・便利な口座振替をご利用ください。一度手続きすると、翌年度以降も自動的に振替が更新されるのでたいへん便利です。

次の書類などを持参の上、金融機関へお申し込みください。

 

【手続きに必要なもの】

・川崎町公共料金等口座振替依頼書※

・自動払込利用申込書※(ゆうちょ銀行の場合)

・通帳

・印かん(銀行印)

※依頼書・申込書は、川崎町役場の窓口にもあります。

 

川崎町の人口

2018年9月末日現在

人口 16,826
世帯数 8,859世帯
男性 7,830
女性 8,996

広告掲載について

  • 広告欄 
  • 広告欄 
  • 広告欄