文字サイズ変更標準拡大

介護保険・国保・年金

トップ > 介護保険・国保・年金 > 後期高齢者医療制度についてのお知らせ

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度についてのお知らせ

後期高齢者制度とは
平成20年4月1日から、新しい「後期高齢者医療制度」が始まりました。これまで国民健康保険や被用者保険(国民健康保険以外の健康保険)の資格を持ち、その被保険者証で医療を受けていた人は、「後期高齢者医療制度」に加入(移行)したうえで医療を受けることになります。 このため、国民健康保険や被用者保険の資格は喪失します。
後期高齢者医療制度対象者
①75歳以上の人 ②65歳以上で一定の障害がある人
保険証
被保険者全員に「後期高齢者医療制度」独自の保険証を一人一枚ずつ交付します。
医療を受けるときの一部負担割合
1割または3割(現役並み所得者)負担となります。
3割負担の判定基準
同一世帯に属する被保険者の所得及び収入が対象で、課税所得145万円以上かつ、合計収入520万円以上(複数世帯)または383万円以上(単身世帯)
保険料
被保険者、一人ひとりが納付しなければなりません。
県内同一基準で算定されます。 原則として年金から徴収(天引)されます。(特別徴収) また、これまで保険料の負担がなかった被用者保険の被扶養者の人も保険料を納付していただくことになります。
※被用者保険とは、国民健康保険以外の健康保険をいいます。
※年金額が18万円未満(年額)、または、介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が年金額の2分の1をこえる場合は年金から徴収(天引)せず、納付書により直接、金融機関等で納付することになります。(普通徴収)
特別徴収から普通徴収への変更規定
特別徴収については、口座振替にする旨の申し出により普通徴収に変更することができます。
保険料の算定方法(2年毎に見直されます)
保険料=均等割額+所得割額 (賦課限度額は年62万円)

均等割額… 被保険者全員に等しく課せられる額 (56,085円)ただし、軽減措置によって減額される場合があります。
所得割額… 被保険者の方の所得(総所得金額から基礎控除33万円を引いた額)に、所得割率(10.83%)を掛けた額

(例) 総所得額が100万円の人の場合(公的年金収入で220万円の人)
均等割額 56,085円
所得割額 (総所得金額 100万円 - 基礎控除 33万円)×所得割率 10.83% = 72,561円
よって
均等割額 56,085円 + 所得割額 72,561円 = 保険料 128,646円(年額)

※保険料は10円未満切り捨て。従って、上記保険料は 128,640円となります。

均等割額の軽減措置
所得の低い世帯に属する被保険者については、次の表の基準により、均等割額を減額します。
※公的年金収入者の軽減判定の際の所得金額=収入-公的年金控除-15万円
軽減割合
同一世帯内の被保険者及び世帯主の合計所得金額等が次の金額以下の世帯
措置後額
9割
8.5割軽減世帯のうち、被保険者全員が年金収入80万円以下
5,608円
8.5割
 33万円 以下
8,412円
5割
 33万円+(27.5万円×世帯に属する被保険者数)以下
28,042円
2割
 33万円+(50万円×世帯に属する被保険者数)以下
44,868円
被用者保険の被扶養者に対する経過措置
後期高齢者医療制度に加入する直前に、被用者保険の被扶養者であった人については、これまで保険料を負担してこなかったことを考慮して、
制度加入時から当分の間、均等割額は5割軽減となり、所得割額はかかりません。

外来分のみの場合

ひと月で下記の限度額をこえた分が、申請により戻ってきます。

3割

課税世帯で一定所得以上の方

57,600円

一般
課税世帯の方
14,000円
区分Ⅱ・Ⅰ
非課税世帯の方
8,000円

世帯で外来分と入院分がある場合

ひと月で下記の限度額をこえた分が、申請により戻ってきます。
ただし、食事代及び部屋代などの保険のきかない分はのぞきます。

3割

課税世帯で一定所得以上

80,100円+加算金

一般
課税世帯
57,600円
区分Ⅱ
非課税世帯
24,600円
区分Ⅰ
非課税世帯で一定所得以下
15,000円

申請時に持ってくるもの

・後期高齢者医療費保険者証
・印鑑・本人の預金通帳

注意

申請時に持ってきた預金通帳の名義人の死亡、または預金口座を廃止あるいは口座番号等を変更したときは、速やかに届け出てください。
お支払いができなくなります。

後期高齢者医療入院時の食事負担額について

一般

課税世帯(一定所得以上も含む)

一食につき 460円

区分Ⅱ
非課税世帯
一食につき 210円
区分Ⅱ
過去1年間で入院日数が90日超えの場合
一食につき 160円
区分Ⅰ
非課税世帯で一定所得以下
一食につき 100円

このページについてのお問い合わせ

川崎町役場 高齢者福祉課後期高齢医療係

電話番号:0947-72-3000 (内線 124・128)

お問い合わせフォーム
川崎町の人口

2018年4月末日現在

人口 16,990
世帯数 8,889世帯
男性 7,910
女性 9,080

広告掲載について

  • 広告欄 
  • 広告欄 
  • 広告欄