文字サイズ変更標準拡大

くらし

トップ > くらし > 住民票・マイナンバーカードへの旧氏併記

マイナンバー(個人番号)

住民票・マイナンバーカードへの旧氏併記

令和元年11月5日から、住民票やマイナンバーカードに旧氏(旧姓)を併記できるようになりました。

 

旧氏おもてのサムネイル 旧氏うらのサムネイル

 

旧氏とは

 旧氏とは、過去の戸籍上の氏のことです。

 窓口に必要書類をお持ちいただき申請いただくことで、住民票に旧氏を記載することができます。

 記載した旧氏は、住民票の写しやマイナンバーカード、署名用電子証明書、印鑑登録証明書等にも記載されます。なお、住民票に旧氏を記載した場合、旧氏の記載省略はできません。 

 一度記載した旧氏は、婚姻等により氏が変更となったり、町外へ転出した際も、引き続き使用できます。

 

 

旧氏の記載について

 初めて住民票に旧氏を記載する場合は、過去に称した氏のうちひとつを選んで記載することができます。

 

窓口へ以下の書類をお持ちください。

・記載を希望する旧氏の記載された戸籍・除籍・改製原戸籍謄本等から現在の戸籍に至る全ての戸籍・除籍・改製原戸籍謄本等

・窓口に来る方の本人確認書類(運転免許証等)

・マイナンバーカード

また、代理人による申請の場合は委任状も必要となります。

 

※国外へ転出した際に住民票に旧氏を記載しており、その後国外から川崎町へ転入する場合は、

 国外転出時の除票をお持ちいただくことで、旧氏を記載することが可能です。

※川崎町が本籍地の方でも戸籍謄本等の取得をお願いします。

 

旧氏の変更について

 すでに住民票に旧氏を記載している方は、記載後に婚姻等により氏が変更となった場合に限り、変更前の氏に旧氏を変更することができます。

 

窓口へ以下の書類をお持ちください。

・記載を希望する旧氏の記載された戸籍・除籍・改製原戸籍謄本等から現在の戸籍に至る全ての戸籍・除籍・改製原戸籍謄本等

・窓口に来る方の本人確認書類(運転免許証、保険証等)

・マイナンバーカード

また、代理人による申請の場合は委任状も必要となります。

 

※川崎町が本籍地の方でも戸籍謄本等の取得をお願いします。

 

 

旧氏の削除について

 すでに住民票に旧氏を記載している方は、旧氏の削除を申請することができます。

 

窓口へ以下の書類をお持ちください。

・窓口に来る方の本人確認書類(運転免許証、保険証等)

・マイナンバーカード

また、代理人による申請の場合は委任状も必要となります。

 

※削除後に再度旧氏を記載できるのは、削除後に新たに生じた旧氏を請求する場合に限られます。 

削除を請求される際はご注意ください。

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

川崎町役場 住民課住民年金係

電話番号:0947-72-3000 (内線 118.119)

お問い合わせフォーム
川崎町の人口

2024年2月末日現在

人口 15,141
世帯数 8,511世帯
男性 7,119
女性 8,022